カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

亜麻って何?

知られざる亜麻のパワー!!

亜麻の花
  • カナダは亜麻仁収穫世界第1位!!
  • 亜麻仁油の総生産量は焼く220万トン。中でもカナダが主な輸出国。
  • 50%以上がα-リノレン酸!!
  • 北米の人たちの食事は、亜麻仁油が大切な栄養素供給の一つとなっています。
  • 亜麻仁の認知大!!
  • 亜麻仁に含まれる栄養素やα-リノレン酸の機能性が広く認知され始めました!!

薄紫の小さなお花が愛らしい

亜麻は亜麻科の一年草で高さ約1mまで成長します。夏には薄い青紫の小さな花を咲かせます。その亜麻の種子を亜麻仁(アマニ)と言い、種子から絞った油を亜麻仁油 (アマニ油)と言います。種子はゴマより一回り大きく色はブラウン種(褐色)とイエロー種(黄色)に分けられます。
ブラウン種は食品としてよく使用される最もポピュ ラーな品種です。
イエロー種は食用や化粧品向けに開発された新しい品種です。
キャナの「亜麻仁油フラオーカプセル」はブラウン種を搾油しています。


世界最古の健康食品

亜麻は人類が始めて栽培した植物の一つと言われており古くから繊維の部分と種子を利用していたとの記録も残されています。
エジプトでは亜麻の茎の繊維分からは布地が作られ利用されていたそうです。また、9世紀頃のフランスではその栄養価地を大帝が認め、民に亜麻の実を食べるよう推奨したと言われています。このように、大昔から我々人間の生活に密着した植物であり、世界最古の健康食品と言えます。


世界最古の健康食品

亜麻仁(アマニ)はカナダを筆頭に各国で年間約220万トンも収穫されています。亜麻仁(アマニ)の世界生産量の3分の1から半分をカナダと北米で担っています。キャナ の「亜麻仁油フラオー」もカナダから原料を輸入しています。
亜麻は種子の全脂肪酸のうち、50%以上がオメガ3系の脂肪酸のα-リノレン酸という人間の体には嬉しい貴重な植物なのです。
北米の人たちの食事では、亜麻仁油が最大のα-リノレン酸の供給源となっています。また、欧米において栄養価値が学術的に立証されており米国のガン協会や食品衛生局も効用を認めるようになりました。そして下記グラフでも分かるようにオメガ3系脂肪酸の摂取も増大しています。この間に米国では亜麻仁(アマニ)の食品への使用が3倍も上昇したと言われています。
これは現代の食事に不足しがちなオメガ3系脂肪酸を亜麻仁(アマニ)が補ってくれていると考えられるでしょう。

アメリカで注目を浴びる「n-3系脂肪酸」と「亜麻仁」

「油」に対して間違った思い込みしていませんか?!

油のお話 福場 博保名誉教授の大切なお話



α-リノレン酸の豊富な亜麻仁油を、日々の食生活で積極的に録ることをおすすめいたします。

油に対して間違った思い込みしていませんか

福場 博保先生

フライや炒め物など食用油は毎日の食事で欠かせない調味料です。
しかし、「脂肪のあるものを摂ると太る、身体に悪い!」という間違った思い込みをしている人が多くいます。
脂肪は細胞膜やホルモンの成分となる重要な栄養素です!
普段の食事から脂肪を大幅にカットしすぎると、体にとってマイナスになります。ただ、どんな脂肪を摂ってもよいというわけではありません。
脂肪酸摂取のバランスが大切なのです。
「脂肪酸」とは、脂肪の主な成分のこと。その構造によって大きく飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。バターやラードに多く含まれる飽和脂肪酸を過剰に摂取する と体によくないことはよく知られていますが、実は不飽和脂肪酸の中でも体内で作ることができない「必須脂肪酸」のひとつであるオメガ6系脂肪酸のリノール酸の摂りすぎ もよくないのです。
リノール酸の弊害が明らかになるにつれて、注目されているのが、
「必須脂肪酸」でもオメガ3系脂肪酸です。
オメガ3系脂肪酸は魚油、亜麻仁油、しそ油等に多く含まれます。
特にα―リノレン酸は体内で魚油に多く含まれるEPAやDHAに変換されます。また、リノール酸に対して競合物として働き、リノール酸の摂りすぎによる弊害を抑えます。健康のためにα―リノレン酸の摂取は大切なことなのです

現在、日本での油の摂取状況をみると、オメガ6系とオメガ3系の脂肪酸の摂取割合は4:1〜5:1くらいでしょうか。理想のバランスは2:1。(1:1がよいという学説もあります)このバランスに近づけるためにも不足しがちなオメガ3系脂肪酸のα-リノレン酸の摂取が大事です。



油の種類について

油の摂取は単にエネルギー源としてだけではなく、体内で大切な役割を担っています。油を構成する「脂肪酸」の種類により性質や機能に違いがあります。
脂肪酸は炭素・水素・酸素が結合してできています。このうち、炭素同士が二重結合している部分がいくつあるかによって、脂肪酸は分類されます。二重結合がないものが「飽和脂肪酸」、二重結合が一つのものを「1価不飽和脂肪酸」、二つ以上あるものを「多価不飽和脂肪酸」といいます。

各脂肪酸にはそれぞれ特有の性質がみられ、生体の機能に大きく関わっています。
特に多価不飽和脂肪酸であるオメガ3系の脂肪酸のα‐リノレン酸やオメガ6系脂肪酸のリノール酸は、体の中でつくることができず食物からとる必要があるため必須脂肪酸と呼ばれ、重要な役割を持っています

オメガ3系脂肪酸のα―リノレン酸が・・・
亜麻仁油フラオーは 小さじ一杯で2.4g摂取できます。
亜麻仁油フラオーカプセルは 6粒で1.07g、12粒で2.14g摂取できます。





必須脂肪酸について

からだに必要な必須脂肪酸

各脂肪酸にはそれぞれ特有の性質がみられ、生体の機能に大きく関わっています。
特に多価不飽和脂肪酸であるオメガ3系の脂肪酸のα‐リノレン酸やオメガ6系脂肪酸のリノール酸は、体の中でつくることができず食物からとる必要があるため必須脂肪酸と呼ばれ、重要な役割を持っています

必須脂肪酸の働き

全ての体の膜組織の構成成分
脳・神経・網膜・腎臓、性腺、等の体内で最も活動的組織の主要構成成分
身体全体の機能を調節するプロスタグランディンの生成に関係



α-リノレン酸について

α-リノレン酸は必須脂肪酸のオメガ3系の脂肪酸です。α-リノレン酸は、一部体内で変化して、体に必要なEPA、DHAに変換されます
また、プロスタグランディンの生成に大きく関与しています。

1970〜80年代は健康に良い脂肪酸の代名詞は植物油に多く含まれるリノール酸(オメガ6系脂肪酸)で、特にコレステロールを下げる作用があることで注目されました。
しかし、1990年代になると、"リノール酸の過剰摂取(摂り続ける)は善玉コレステロール(HDL)を減少させる"という研究結果が発表されてきました。さらに過剰摂取による発ガン促進、アレルギー発症、動脈硬化の促進作用など、動物実験により指摘されてきました。
そして、過去のリノール酸信奉が崩れていき、オメガ3系脂肪酸であるα-リノレン酸、EPA・DHAなどが注目されるようになりました。 
しかし、見直しが進んだのは僅か十数年前です。

そして、2005年、厚生労働省が発表した「日本人の食事摂取基準」の中で必須脂肪酸の目安量、目標量がはじめて設定されました。
このたび改訂される2010年でのオメガ3系脂肪酸の目標量は、男性30〜49歳では2.2g以上、18〜49歳女性では1.8g以上 摂取するよう設定されています。
また、WHO(世界保健機構)では、必須脂肪酸の摂取比率はオメガ6系脂肪酸とオメガ3脂肪酸を4:1の割合で摂る事を推奨しています。
理想は2:1といわれています。



日々の食事の中で、α-リノレン酸が豊富に含まれている亜麻仁油の摂取をおすすめいたします。

現在の日本人の食生活では、食生活の変化によりオメガ3系脂肪酸の摂取量はこの目標量を下回っているとも言われており、また特にオメガ6系とオメガ3系の摂取バランスも大きく崩れています。
この乱れや不足により、体内で作られるプロスタグランディンの生成にも乱れが起こり、多くのからだの不調の要因になっいると言われています。
α―リノレン酸を摂る事により、健康を維持することができます。


高い注目を浴びるn3系脂肪酸

第1449号の健康産業新聞に注目の機能性植物油として亜麻仁油などのn3系脂肪酸の油が取り上げられた。
注目を浴びる背景として厚生労働省が「日本人の食事摂取基準」にn3系脂肪酸の摂取目標を設定したこや心血管疾患リスク低減などで高い評価を得ていること等があげられている。
また女性誌にも取り上げられ皮下脂肪が貯まりにくいなど美容の面でも人気が高まっている。

同紙の中でキャナの亜麻仁油についてと長島技術顧問の記事が掲載されている。

亜麻仁油の機能性

「Food Style21」Vol.16 No.6に長島技術顧問の論文「アマニ油の機能性」が掲載されました。